グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  魅力ある千葉 >  ケーススタディ >  第14回物価指数に関するオタワグループ会合
お気に入りリストを見る

第14回物価指数に関するオタワグループ会合


会期 2015年5月20日~22日 [3日間]
会場 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
(浦安市)
参加者数 63名(29の国・地域、5つの国際機関)
経済波及効果 約2千万円(当財団概算)
総務省統計局主催による、消費者物価指数等、価格の変動を測定する統計に関して、各国等の政府統計関係者が国際的に共通な概念、定義の確立と実務上の課題について情報交換することを目的とする会合。

誘致経緯

本会議については、当財団が2013年に開催された国内唯一のMICEトレードショー「国際ミーティング・エキスポ(IME)」に出展した際、当財団のブースを訪問していただいた主催者より会議開催の情報を入手しました。
当初、開催場所に東京都内や横浜も候補として挙がっていましたが、主催者より千葉県浦安市舞浜エリアの成田・羽田両空港からのアクセスの良さや“オール浦安”での対応を評価いただき、誘致が決定しました。

主催者のニーズに応じたビジネスパッケージプランを提供

会場となったシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、主催者からの要望が高かった外貨両替への対応、Wi-Fi環境、そして独立した宴会場を備えた一流のサービスを誇るホテルです。誘致決定までの合計3回の視察で、同ホテルより主催者のニーズに応えるカスタマイズされたビジネスパッケージプランをリーズナブルな料金でご提案いただいたことも、今回の誘致決定の大きな要因となりました。今回使用した宴会場「THE CLUB Fuji」は、大規模な国際会議をはじめ、企業等の会議やあらゆるMICE開催に対応できる国内有数の広さと充分な設備を備えております。また、独立型のホワイエには25メートルのバーカウンターや暖炉スペースのほか、4面ディスプレイにオリジナルの画像を映し出し、イベントをより華やかに演出することもできます。

国内有数の広さと充実の設備「THE CLUB Fuji」

独立型のホワイエ


“オール浦安”でおもてなし

浦安市長による歓迎挨拶

このたびの支援内容は、浦安市内のガイドブックやマップの提供、またウェルカムレセプションでの浦安市地域ブランドである焼酎「浦安の絆」の提供、そして総務省統計局長主催によるレセプションでは市の無形文化財に指定されている「浦安囃子」のパフォーマンスを行い、浦安市・(一社)浦安観光コンベンション協会による“オール浦安”で本会合を盛り上げました。
レセプションで歓迎挨拶に立った浦安市長は、「浦安市は、コンベンション、観光ともに最適な街」とPRしました。統計局長からは、(公財)ちば国際コンベンションビューローと浦安市の全面的なサポートに感謝するとのお言葉をいただきました。

浦安市の無形文化財「浦安囃子」

参加者の間近で獅子舞の実演

また、同日のレセプション前には、会議参加者に「浦安市」について理解を深めていただくため、ホテルからの送迎バスを手配し、昭和の漁師町の街並みを再現した「浦安市郷土博物館」を貸し切ったエクスカーションが組み込まれました。参加者は、音声ガイドを用いた市のボランティアガイドによる英語の解説を聞きながら興味深い眼差しで展示品を見学されていました。また、館内にある海苔採取用小型船“ベカ舟”の乗船体験など、短時間ながらもご満足いただくことができました。

昭和の漁師町の街並みを再現した「浦安市郷土博物館」

ユニークベニューとして活用した屋形船

浦安市郷土博物館
漁師町時代から築き上げられてきた浦安特有の文化を再発見できる博物館で、「母なる海」が育てた浦安の自然・歴史・文化をわかりやすく展示しています。
最終日に開催されたソーシャルイベントは、ユニークベニューとして、屋形船が使われ、今回、初めて日本を訪れる参加者が多く、船内での本場の日本食やカラオケによる“和のおもてなし”を楽しんでいただいたり、また船上からのディズニーランドの景色をはじめ、東京湾の夜景も満喫いただきました。