グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  重要なお知らせ >  賛助会員、県内事業者の情報発信トピックス >  「純米ばうむ」が鴨川市で初受賞! 優良ふるさと食品中央コンクール(米屋新蔵)
お気に入りリストを見る

「純米ばうむ」が鴨川市で初受賞! 優良ふるさと食品中央コンクール(米屋新蔵)


純米ばうむ しっとりミルク仕立て

「純米ばうむ」が鴨川市で初めて第42回優良ふるさと食品中央コンクール、国産農林産品利用部門にて一般財団法人食品産業センター会長賞を受賞しました。
全国各地で生産されている地域色豊かな「ふるさと食品」の中で、品質の向上や加工面で特に優れた成果を挙げた食品に、都道府県などの推薦を受けて表彰されています。今年は22品の出品があり、それぞれ農林水産大臣賞4点、食料産業局長賞9点、食品産業センター会長賞9点が選ばれました。
今年は、新型コロナウイルスの影響で表彰式は中止となりましたが、全国規模のコンクールである、このコンテストの入賞者は、千葉県では5例目となり、香取市が2回、富津市1回、南房総市1回、そして、今年の受賞は米屋新蔵(鴨川市)です。
優良ふるさと食品中央コンクール表彰(一般財団法人食品産業センター)
https://www.shokusan.or.jp/furusato/news/4257/

しっとりミルク仕立て 純米バウム

「純米ばうむ」は、鴨川市のブランド米である「長狭米」を製粉し、卵は「宮本養鶏」の国産新鮮卵、香りつけに鴨川市の亀田酒造の純米吟醸酒「大山千枚田」を素材に使うなど、地元産にこだわり、粒子を細かく、1本焼きでバランス良く焼き上げる製法にも力を入れています。

世代を超えて、どの年代にも喜ばれるように、「しっとり、ふんわり」の食感にこだわって焼き上げています。米粉を浸水し、十分に水分を吸わせ、その米粉で作る生地は柔らかく、しっとり感を保たせながら、独自の製法で焼き上げることで、ふんわり口どけを実現しています。
また、通常のラム酒の代わりに純米酒を使うことで、日本らしく品があってきめ細やかな香りを再現し、他にはない「米×純米酒」というバウムクーヘンを表現しています。もちろん米粉と素材にこだわった、保存料を使わない、グルテンフリー商品です。シンプルだからこそ、素材そのものが味わえる商品です。

令和2年には「食のちばの逸品を発掘2020」で金賞を受賞するなど評価を受け、今年度は県内唯一の出品に選ばれております。
問い合わせ先
所属・
氏名
総務
高島 祐貴
E-mail info●shingura.co.jp
※「●」記号を「@」に置き換えて下さい。
TEL 04-7094-5588 FAX 04-7094-5589
URL https://komeyashingura.jp/ Twitter https://twitter.com/komeyashingura