グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  賛助会員 >  CCB-ICニュース >  2022年秋号 >  「第2回/3回グローバルMICE都市実務者会議」へ参加
お気に入りリストを見る

「第2回/3回グローバルMICE都市実務者会議」へ参加


千葉県千葉市のグローバル都市の取り組み

千葉県千葉市は、日本を代表する「グローバルMICE都市*」として、MICEの誘致、開催支援活動の充実・強化に取り組んでいます。観光庁より選定された全国12都市では、定期的に、各都市の取組について情報共有を図り、都市力の強化を図るため活動を継続しています。令和4年度の第2回目、第3回目の実務者会議が、観光庁にて、ハイブリッド形式にて8月5日、9月13日にそれぞれ、開催されました。

テーマは①最近の国際会議の開催事例、②レガシー効果の示し方、③サスティナビリティに関する取組、④ユニークベニューの活用促進という内容のもと、各テーマについて、各都市から事例発表、それについて討議する形での情報共有が図られました。各都市の取組状況は大きく異なり、先進都市との差をどう詰めていくのか考えさせられる会議でした。

当財団でのレガシー効果の取組については、主催者との話し合いの中で、レガシーを意識した開催を目指してもらうこと、また、開催実績としての情報集積を行うことから取り組んでまいります。また、サスティナビリティに関する取組としては、他都市の事例を紹介し、少しでも意識を高める機運を醸成していければと考えています。

*グローバルMICE都市

観光庁が、「2030年には、アジアNo.1の国際会議開催国としての不動の地位を築く」という目標達成のため、誘致ポテンシャル等が高い都市を選定して集中的に支援し、グローバルレベルの誘致競争力を有する都市を育成することを目的に、平成25年度からスタートさせた取組です。
 平成25年度には、「グローバルMICE戦略都市」として、東京、横浜、京都、神戸、福岡の5都市、「グローバルMICE強化都市」として大阪、名古屋の2都市が選定され、平成27年度には、「グローバルMICE強化都市」として、千葉県千葉市の他、札幌、仙台、広島、北九州の5都市が選定されています。現在では、「グローバルMICE都市」に名称が統一されています。

■参考:観光庁HP「グローバルMICE都市」