グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  お知らせ >  千葉市で開催された国際会議が2020年度「国際会議 開催貢献賞」を受賞しました
お気に入りリストを見る

千葉市で開催された国際会議が2020年度「国際会議 開催貢献賞」を受賞しました


このたび、2019年11月に千葉市で開催されたモノレールに関する国際会議「International Monorail Association Annual Conference -Monorailex 2019-」が、日本政府観光局(JNTO)の2020年度「国際会議誘致・開催貢献賞」の「国際会議 開催の部」を受賞しましたのでお知らせします。
この貢献賞は、先進性・独創性を含んだ企画力や地域貢献等に優れている会議など、国際会議の優れた事例を表彰し、会議主催者や一般の方に理解促進を図ることを目的として、日本政府観光局(JNTO)が2008年から毎年実施しています。

会議概要

会議名 International Monorail Association Annual Conference -Monorailex 2019-
開催時期 2019年11月24日~11月27日 (4日間)
開催場所 ホテル ザ・マンハッタン(千葉市美浜区ひび野2丁目10-1)
主催 国際モノレール協会(International Monorail Association)
参加者数 52名 (海外:51名 / 国内:1名)  参加国数:10か国・地域
経済波及効果 1,100万円 ※地域別MICE経済波及効果測定モデル(観光庁)により試算

誘致の経緯

本会議は国際モノレール協会(IMA:International Monorail Association)の年次総会で、アジアで初開催となった。千葉市に懸垂型モノレールとして営業距離世界最長(15.2km)のギネス認定を受けている千葉都市モノレールがあることなどが決め手となり、千葉市での開催決定に至った。

受賞理由

走行中のモノレール車両をユニークベニューとして活用したレセプションの実施など、会議のテーマと千葉市の特色を活かしたプログラムの展開で参加者の高い満足を実現した。

会議の風景

レセプションの風景

記者発表資料

お問い合わせ

(公財) ちば国際コンベンションビューロー
MICE事業部 TEL:043-297-2751