グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  支援・サービス >  財政支援
お気に入りリストを見る

財政支援


  • 上記の制度を同時に活用することも可能です。
  • 市の開催補助金制度はどちらかになります。

千葉県国際会議開催補助金制度

補助額は以下に掲げる経費の50%以内とし、下記表に定める額を制限とします。

①会場借上費 ②会場設営費及び撤去費 ③機材関係費(音響、映像及び通訳機材に限る)
④外国人招聘費(渡航費及び宿泊費に限る)⑤看板・印刷物制作費 ⑥広告宣伝費
会議総参加者数 外国人参加者数 [1]県単独
補助制度限度額
[2]市町村協調
補助制度限度額
合計額
[1]+[2]
(最大補助額)
県分 市町村分
1,200人以上 120人以上 1,000万円 500万円 500万円 2000万円
600人以上
1,200人未満
120人以上 750万円 375万円 375万円 1,500万円
300人以上
600人未満
120人以上 - 300万円 300万円 600万円
100人以上
300人未満
40%以上 - 300万円 300万円 600万円

千葉市大規模コンベンション開催補助制度/千葉市国際会議開催補助制度

千葉市大規模コンベンション開催補助制度

補助額は会場借上費50%以内とし、下記表に定める額を制限とします。

延べ参加者数=参加者(登録者)数×開催日数とします。
人数要件 ①補助限度額 ②重点業種補助限度額 合計額①+②
延べ参加者数 延べ宿泊数
10,000人以上 6,000泊以上 250万円 100万円 350万円
8,000人以上 4,800泊以上 200万円 100万円 300万円
6,000人以上 3,600泊以上 150万円 100万円 250万円
4,000人以上 2,400泊以上 100万円 --- 100万円
2,000人以上 1,000泊以上 50万円 --- 50万円
1,000人以上 500泊以上 25万円 --- 25万円

千葉市国際会議開催補助制度

千葉市では、国際会議の主催者に対し、その開催に要する経費の一部を助成する、国際会議開催補助金制度を平成24年度からスタートしました。これにより、最大500万円(県市協調補助で最大2,000万円)の補助金交付とCCB-ICの支援メニューにより、国際会議の開催支援体制がさらに充実します。

[2]の制度は市単独補助の交付額と同額の補助を千葉県が上乗せ補助する制度です。
会議
総参加者数
外国人
参加者数
[1]市単独
補助制度限度額
[2]県市町村協調
補助制度限度額
[3]県単独
補助制度限度額
合計額
[1]+[2]+[3]
(最大補助額)
1,200人以上 120人以上 500万円 500万円 1,000万円 2,000万円
600人以上
1,200人未満
120人以上 375万円 375万円 750万円 1,500万円
300人以上
600人未満
120人以上 300万円 300万円 - 600万円
100人以上
300人未満
40% 300万円 300万円 - 600万円

成田市コンベンション開催事業補助金制度

成田市では、コンベンションを開催する主催者等に対し、次のとおり補助金を交付しています。
参加者数 国内コンベンション 国際コンベンション
100人以上 500人未満 25万円以内 50万円以内
500人以上 50万円以内 100万円以内

CCB-IC コンベンション開催助成金制度/開催準備資金貸付制度

支援制度 コンベンション開催助成金 コンベンション開催準備資金貸付金
限度額 500万円 500万円
対象 JNTO基準を満たすもの 6か月以上の準備期間を有する
コンベンション
交付時期(貸付期間) 原則開催後 事前交付の特例あり 3年間
対象経費 使途の定めなし 使途の定めなし
利息 - 無利息

国際会議開催補助金制度に関するお問い合わせ

申請の手続きをはじめ、国際会議開催補助金制度に関するお問い合わせは、MICE事業部(電話:043-297-2751)までお気軽にご連絡ください。
また、PCからのお問い合わせも受けております。ご利用の方は右のボタンからお問い合わせください。